誰にも理解できないかもしれない個人的萌えをぐだぐだ語る、私のためだけの場所です。


by bittersweetlove
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ラッキードッグ1。

「ラッキードッグ1」、クリアしてずいぶんたつんですが、
感想あげてなかったので慌てて作成(汗)

ぬるゲーマーの私としては、ハッピーEDのみ堪能したいので、
今回もバッドEDは総スルーしました。
なのでオールクリアのご褒美CGは見られずじまい。
どうやらそれぞれのルート後、特典CDのシーンイラストらしいですよ。
見たかった気はあるのですが、それ以上にバッドEDがつらそうだったのでやめました。

そしたら某雑誌でバッドシーンのスチルばっちり掲載されてまして(泣)
えーん、怖かったよう。










正直、こんなに萌えると思ってませんでした。
はっきりいって、ジャンの中の人目当てで買ったので(もちろん他の人も好きです)、
のーとん未プレイの私にとってこのレーベルは未知の世界だったのですが、
いやああ、面白かった!
会話がすごく軽やかだったり、落としどころがちゃんとあったり、
それでいて重いシーンはしっかりあったりで、この脚本の方々すごいと思いました。
(でものーとんはプレイする気がおきないのはなぜだ・・・)

音楽はとにかく、OP曲が最高でした。すっごい格好いい。
ここ一番のときにBGMに使われるのですが、それもいい感じでした。
BGMもなかなか好きでした。サントラCD予約しました!
スチルはものによって顔が全然違うので、なかなかイメージがつかめず微妙でした。
リアルロデで由良さんの絵は体験したはずですが、
それ以上になんだか絵が揺れてた気がします。特にジャンの顔。
スチルは若干少なめ? 
システムは快適でした。特に最初のステージは何度かプレイするので、
スキップ機能が快適だったのは使いやすいです。
セーブポイントもたくさんありました。


攻略順に。
(ランク下から攻略しました)


イヴァン。

中の人お疲れ様・・・

なぜ彼がここにキャスティングされたのかがすごく知りたい。めちゃくちゃ声張ってて、
途中かわいそうになるほどでした。イヴァンって沸点低いし。
イヴァンはイタリア語を使わないかわりに、「FU○K!」とかをよく使うのですが、
どうしてもイメージ合わなくてしばらく悩みました・・・。
イヴァンルートだと、ジャンはちょっとお兄ちゃん風味です。
食べてるものがほぼジャンクフードなので、本気でメタボを心配したくなります。
理由もちゃんと語られるんですが、それでもやめたほうがいいのになと(笑)
イヴァンはさすがに若いので、いろいろさかってくれて、エロ的には濃いルートかな。
あと、イヴァンが切れる原因の事件はグロかった。
確かに切れるよなと思うのですが、本気でそういうシチュを考えたライターさんすごいと・・・。
ジャンを意識しはじめてからのイヴァンはすごくかわいかったです。
そしてこのルートで一番印象的なのはやはりラストスチル(汗)
海キラキラシーンとか、さわやかシーンとか、全部ふっとびました・・・


ジュリオ。

マンマ・ジャンカルロ(笑)

ジュリオルートだと、ジャンは母性?まるだしです。
たぶん4人中一番画面が赤い(笑)。さっくりさっくり切ってくれるので、
だんだん慣れてきましたが。
あと、ジュリオは小さいころにジャンを、というのは予想がついていたのですが、
ラストまでひっぱったのはびっくりです。
ジュリオは○○さんだと思っていたのですが(いや確かに途中までそうでしたが!)、
ジャンに更正してもらうといいよ!
中の人がすごくかわいかったです。
すごく淡々としゃべるので、抑揚があまりないのですが、
はあはあしているときのしゃべり方がすごくかわいい。
このブランドでしか聞いたことないんですよね、きちんとは。残念です。
最後のスチルで、このふたりこんなに身長差あったのかとびっくりしました。


ルキーノ。

ジャン姫。

ルキーノの気障っぽさと中の人の声がよく合ってて、すごく聞きやすかったです。
イタリア語で毒づくところがキマッてて格好よかった。さすが伊達男役。
そしてまさかこいつが○○趣味な人だったとは・・・ショックでした(笑)
私はこういうのは好みでないので、株大暴落です。
ルキーノルートだと、ジャンの思考がすごく乙女っぽいなと思ったのですが、
まあそのぶんラストは派手に男っぽかったですねぇ。
私はハッピーエンドしか見ていないのですが、
確かに一歩間違えばデッドエンドですよね、あれは。
ジュリオと逆に、ジャンがかわいい話ですね。
ルキーノにいいところに連れてってもらったのに、微妙にその気になれない
ジャンがすごくかわいい感じでよかったです。
結局、真相ははっきりしないままですが、まあそれはそれでよいのかな。
ルキーノはどうも、キレかけて拳銃おしつけてるスチルが印象に残っています。


ベルナルド。

ヘタレ萌え。

かなり壮大なヘタレ計画に大笑いしました。
そして今回私の最萌えルートです。
(たぶんそうだろうなと思ったので最後にしたという話も)
だって眼鏡インテリならいい感じだろうと思ったんだもん!
期待に違わず、中の人もいい仕事してくれました。
最近、中の人のやわらかいエロ声が好みです。
このルート、ベルナルドは肉体派じゃないので、あまりドンパチしないんですよね。
そのぶん、パパ(笑)・アレッサンドロががんばってくれました。びっくりです。
ドン、いいキャラですよね~。
我慢に我慢を重ねて、箍がはずれるというのは好きな設定なので、
大変おいしくいただきました。あそこのスチル大好きです。
薔薇スチルは事前に公開されていたものですが、
あんなに話がすすんでから出るスチルだとは思いませんでした。意外です。
ベルナルドは絶対今後ジャンに尻にしかれるよ。そうなるといいよ。


ジャンカルロ。

彼がこの声でなかったらこんなに萌えなかったと思う。

チャラ男のところと、キメ台詞と、声はいろいろ変えていましたが、
すごくイメージに合ってました。私には。
「勝負!」っていうのを1箇所だけ、「コール!」って叫ぶところが好きでした。
イタリア語で絶叫するところがあったのですが、
すっごい迫力だなあと、びっくりしました。
彼をキャスティングしたひとに、ブラヴォーをおくりたいです!


イタリア系の人が多いので、台詞の言い回し、特に毒づくあたりに
イタリア語の台詞がたくさん入っていて、面白かったです。小技だよねこういうのも。

とてもとても面白かったし、個々のルートが全然違う展開だったので、
ボリュームは薄くなかったです。
楽しかった。
ドラマCDとかで展開するらしいので、楽しみにしています。
[PR]
by bittersweetlove | 2009-08-21 23:13 | ゲームぐだぐだ感想