誰にも理解できないかもしれない個人的萌えをぐだぐだ語る、私のためだけの場所です。


by bittersweetlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MESSIAH~Paranoia∞Paradox~。

たった今、本編を終了しました。

「本編」とわざわざ書いたのは、おまけにカードゲームがあって、そのポイントをためていけばおまけシナリオが読めるからです。
ファンディスクなので、希望の多かった設定でのいろいろ(笑)シーンがあるそうなのですが、これはまだひとつしかあいてないのですよ。
でも覚えているうちに、感想をメモしておきます。





待ちに待ったファンディスク!
一気にやりあげました。

ファンディスクなので、ボリュームはそこそこ。
今回はサブキャラ全員に声がついたので、ゲーム本編よりイメージしやすかったかな。
設定が設定だけに、今回は衣装も派手だし、色彩も鮮やか。
楽しくプレイできました♪

インストールすればディスクレスでプレイできるので大変ありがたかったです。
セーブポイントは無駄に多い(笑)
選択肢の数を考えても、ものすごい多いです。良いシーンをちまちまと保存できます。いいですこれ。
既読スキップ、オートボタンもひっそりと画面上にあって、いつでも操作できるので大変プレイしやすい。
BGMはゲーム本編で使用していた重厚なものと、ファンディスク用のちょっと軽い感じ(とはいえ充分聞き応えありますが!)のものとが入り混じっていて、楽しいです。

スチルですが・・・なんか、タッチ変わりましたよね。
立ち絵は昔の顔なので、イベントスチルになった途端、微妙に違和感を覚えました。
とはいえスチルは美しいです。特に今回は衣装とかもかなり細かいものだったのですが、とても綺麗に書き込みされていたし、満足です。

主要キャラ以外の声優さん、実は一番私の想像と違っていたのは洲青。
保村さんって、実は「透過性恋愛装置」でしかきちんと聞いたことないんです。・・・・裏名では1度お聞きしてますが。インコの上司だよね?
「透過性恋愛装置」では脇キャラだったのでそう思わなかったのですが、攻だとこんなにねっとりするんだこの人~!とびっくりしました(笑)
うーん、今まであまり意識していなかったので、スキかどうかはちょっと微妙だ。
あと司役のリバウンド玉三郎さん(緋色の犬くんだよね)のラストイベントの声にびっくりしました。こういうトーン出せたんだこの人。
陽輔役の犬野さんは今回かなり軽め。色っぽい話には一切絡まないし、演技半分は酔っ払いだしね(笑)。楽しそうでしたよ。
女性陣はほぼ存じ上げない方だったのですが、とくに千春役の方の声はかなり好きです。あの生意気そうな喋り方がなんともお上手。
そして皇帝さん。歌、かなりお上手ですよ~。
喘ぎ声は相変わらずでしたけど(笑)やっぱり慣れもあるんでしょうね。
このゲームはいろいろ兼ね役があったみたいで、それを探すのも楽しかったです。


ルート別に。

遼太。

凪野さんは相変わらず上手。甘えた坊やの役柄にあの舌足らずな声が合います。今回特に精神年齢低い役だったし。
しかし本編もそうだったけど、遼太、ファンディスクでも子供っぽさが際立ってますね。大人になりたいと思っているのに、煙草を「カッコいいから」と吸うというその思考が私には理解できないので、私は遼太が大嫌いです(笑)。
そこをつつかれて拗ねちゃった、というのが真相なのでしょうかね?
「大人になりたい」「対等にみてほしい」という根幹の欲求を、示す方法を間違えていたわけですよね、ふたりとも。喧嘩の理由はわからなくもないですが、そこへいくまでの過程により、共感はできませんでした。
結局、謎が多くて、このルートは消化不良でした。結局この夢を買ったのは遼太? 王冠は結局? あの未来図は? とか考え出すとちょっとぐるぐるしちゃう。


洲青。

愛されてるよね、製作者様たちに(笑)
なんで彼がこんなに出張ってくるのか私にはよくわからないです。
煌ルートでも遼太ルートでも救いがない洲青エンド。どっちも後味悪くて好きではないです。


煌。

こっちはきちんと謎解きされている感じがしました。やっぱりこっちが真ルート?
この世界を創造したのは誰なのか。雪の謎。きちんと話が展開していて、読みやすかったです。
「好きだから」対等でいたい、守りたいというのはとても納得できる感情で、遼太たちに比べて、本編をきちんと踏まえて話がつくられている印象を受けたので、やっぱり煌ルートのほうが読みやすかったかな。
雪イベントも、本編のスチルを思い出して思わずにやりとしました。
ひとつだけ残念なのは、終わり方があまりにもあっさりしすぎていたこと。最後にスチルのひとつも欲しかったな・・・なんて思いました。
ところで黒瀬さん。本編と比べて、本当にお上手になりましたね(笑)
場数踏んでスキルあげたのでしょう、今回は本編よりかなり聞きやすかったです。本編「より」ですけどね。
そしてこのルートは司に持っていかれた感があるんですよね。
ラストがあれなら、本編の司はいったいいくつなの・・・?というほど変貌していてびっくりです。



あと、カードゲームなのですが、まだすべてのイベントをあけられないのでメモ。
2000を超えたくらいで、会話イベントが発生。
4500を超えたところで、煌1回目のイベントが発生しました。
10000を超えたところで、煌2回目のイベントが発生しました。
煌も遼太も必ず1度は会話イベントが発生するようです。
相手のイベントのみ発生するのか、ただポイントをためれば相手に関係なくイベントが発生するのかはまだ謎。


ファンディスクをプレイして、本気でドラマCDを買おうと思いました!
本もどっかにあるはずだ。掘り返してこようっと。
アクセサリはまだ見ていないのですが、私のPCだとちょっと重くなりすぎるので使えないのが残念です。


楽しかったです。買ってよかったよ~♪
[PR]
by bittersweetlove | 2008-08-22 01:00 | ゲームぐだぐだ感想