誰にも理解できないかもしれない個人的萌えをぐだぐだ語る、私のためだけの場所です。


by bittersweetlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

銀のエクリプス。

順当に「銀のエクリプス」をクリアしました。
ルナークロニクル、CGともにフルコンプしたので、これで攻略終了とします。
いろいろ思うところもあり、とりつかれたように一気にプレイしました。
うん。充実感(笑)

FANATICA初回限定版はサントラが同梱されているのを思い出して、ひっぱりだしてきました。
先月買ったMESSIAHのサントラとあわせて編集して、車で聞こうかな。どちらもすごく雰囲気ある曲なので大好きです。
でもこれ聞きながらドライブとかしたら軽く鬱になれるかも。

自分的感想覚書。
今回はFANATICAのネタバレも多分に含みますのでいつも以上に取扱い要注意。








とはいえ、音楽はそのままだったようです(笑)
でもそれは正解かな。すっごくいいBGMなんですよ。下手に弄られなくてよかった。

今回は「FANATICA」の完全リメイク。
もとがかなりエロがきつい18禁だったので、たぶんCEROの壁はものすごく厚かったのではないかと思われます。
それをここまであっさりさせるといっそ見事かと。
私は「FANATICA」プレイ済なので、その頭でプレイしたため、少ない文章中のキーワードからBLの味付けをしましたが、まったくなにもしない状態で「銀のエクリプス」だけやると、かなり印象が違うと思いますね。

システムは快適。
セーブポイントは40くらいかな? 多いです。
選択肢が少ないので、充分足りると思います。
既読スキップもボタンひとつで快適です。一度読んだところは色が変わるので、私はさっさとスキップしまくりました。
選択肢が少ないのと、最初の選択肢がプレイ後ものすごく時間がたってからなので、実はちょっと大丈夫かとびびってましたが(笑)、大丈夫です。
そしてCOREといえばクロニクルシステム。
最初からどれくらいのシナリオかわかること、現時点で自分がどのあたりにいるのかがわかること、プレイ後のシーン再生がシナリオごとに簡単にできること、このシステムは私的にかなりお勧めです。便利ですよね。

スチルは美麗。「MESSIAH」とは原画家さんが違うのですが、テイストは似ています。そしてきちんと丁寧に書き込まれているので、背景とかもきちんと見えますし、デッサンも大幅に狂ってはいません。
ただ、CG鑑賞のとき、差分のスチルも全部横並びにしていたのが不満かな。せっかくの差分なので、クリックしたら変わってくれればいいなと思ったのですが、すべて1枚絵で並べられています。表情の変化とかを見るのができないので残念です。

声優さんたちは基本、「FANATICA」の引継。
唯一、杉田さんだけがポジション変わっています。すっかり男っぽいキャラになっちゃって(笑)
でも今回はあまり色っぽい感じではなかったです。シナリオ上最初はすっごい偉そうな俺様なのですが、あとになるにつれ良い男の声になるのがなかなか印象的。
今回びっくりしたのは諏訪部さん。この人、本当に上手なんだなあとしみじみ。
一番滑らかに、本当に喋っているように聞こえるんです。他の方はやっぱり「読んでます」って気になるところがあるんですが、諏訪部さんの台詞はとても滑らかでした。キャラが良い男なので、余計にポイントアップ。
逆に気になったのが小西さん。柔らかい声で私の好きなトーンなのですが、どうも諏訪部さんと並ぶと「読んでます」感が強調されているような気がする。うーん微妙だ。
一条さんは終始柔らかい大人声。今回はエロなしなのでフェロモンはでてません(笑)。でも途中、過去シーンでどうも棒読みしてるっぽいのがすごく気になった。
宮田くんは上手だったね。とくに無意識にぼそぼそしゃべるあたりが。今回は3パターンくらい喋り方を変えたようですが、違和感なかったです。喋りっぱなしだったけどお疲れ様、って感じですね(笑)
そしてイトケンさん。ねっとりいや~なトーン。難しかったんじゃないかなあ。でも「FANATICA」よりは抑えてたかも?
初参加の真山さんは、・・・・・頑張れ、っていう印象かな(汗)
三木さんはあいかわらずこういう怪しいキャラ似合うよね~。トロイメライルートの霜波との会話のトーンが好きでした。


シナリオクリア順に。

リーウェン。

「あなたのために僕は」なラスト。「銀のエクリプス」新規のEDって感じ。
ここから真EDに分岐するのを知らなくて、とにかくショタを終わらせないと・・・・という理由だけで選んだのですが、意外と最初にプレイしておいてよかったかな、と思います。
というのは、リーウェンEDには謎解きがあまりないのです。するすると読み終わったので、プレイ後、・・・・・これはなに?という印象を受けたほど。
リーウェンルートはリー家と霜波が中心になってくるので、ロドカルは空気。そしてカーティスは役立たずでした(笑)
ラストのふたりのスチルは綺麗だったのだけど、どういう状態なのかまったくわからず、謎の残ったルートでもありました。


カルム。

「誰も僕を」なラスト。
カルムは「FANATICA」では裏CPだったので(カーティス×アーシル、カルム×アーシルの2本立)、カルムルートを頭におきつつプレイしたのですが、ちょっと裏切られて凹みました。
まあね、「銀のエクリプス」では無理だよねあのルートは。そういうことにしておこう。
過去の雨の夜、カルムはロドニーに撃たれて失明したということになっていて、撃たれて呆然となっているスチルがあるのですが、失明するほど撃たれてたとしたら、なんでそこで命に別状ないんだろうと不思議に思ったのは私だけですか?
あの怪我具合からすると、すっごい不自然なんですけど・・・。
「FANATICA」ではロドカルは直接描写がなかったのでとにかく脳内補完したいところですが、さすがに全年齢対象では無理でした(泣)
唯一があのキスシーンですが、製作者様たちの握手会に行かれた素敵サイト管理人様がインタビューを掲載してくださっていたところによると、あれは別にサービスではなく、必然のシーンだったということ(文章はかなり変えています)。
終わってから悲しくなったルート。


フェイフォン。

「あなたが欲しいのは」なラスト。
フェイフォン、ルートが進むごとに「いいひとじゃん!」になっていくのが可愛かったです。
フェイフォンは新規キャラなので、どんなふうに転んでいくか不安だったのですが、読んでいてもさほど嫌悪感は感じなかったです。
いや、そのぶん、あのラストはどうかと思ったんですが。
だって、フェイフォンルートなのにラストにフェイフォンがひとっつも出てこないなんてどういうことかと思いませんか(笑)
ところでフェイフォンなのですが、実は「銀のエクリプス」の中でもたぶん一番好きな見た目の人です。私こういう美形メガネ大好き。立ち絵よりスチルが美形な人はポイント高いよ。


トロイメライ。

とりあえず大団円ルート。
で、感じたままに箇条書き。
・ロドニー格好いいよ! ロドニー!!
・色薄まったとはいえ、BL路線は残ってるのね霜波。素敵よその執着台詞。ただの悪者にみえるけどね(笑)
・霜波のうしろにひっついているフェイフォンが素敵。
・えー・・・、カーティス、・・・・・なにやってんの? 影薄いんだけど・・・。
・アーヤの露天商、三木さんの台詞まわしがかなり可愛かった。
・トロイメライルートだと、カルムが空気。
・一番格好良かったのは、実はリーウェンだと思う。ラストスチル見ても。

ラストがあっさりしすぎてちょっと拍子抜け。
リーウェンはどうしてあそこにいたのか、謎が残るのですよ。
まあでも余韻を味わえってことかしら?


なんかね、全体的に、カーティスが薄いです。
カーティスが絶対的ヒーローの位置にいるはずなのに、物語中盤はあまり絡んでこないし、トロイメライルートにしてもカーティスがアーシルを守るためになにをしているか・・・とかがまったく見えない。
満を持して登場しても、リーウェンにおいしいところもっていかれてる気がするし。
エロがなくなったぶん、ただのいい人になってしまっていて、聖人君子みたいで魅力があまり感じられない。餌付けしただけ?くらいで。


うーん、「FANATICA」の濃い話がどうなるか、すごく興味があったのですが、本当にエロがきれいに取り払われた感じです。
これはこれで楽しかったですけどね。
「FANATICA」自体をプレイしたのはずいぶん昔のことだったので、今再プレイしたらすごく印象が違うんだろうなあ。
ゲームとしては面白かったです。
でもやはりリメイク、ということで、「FANATICA」の印象が強いぶん、インパクトは弱かったです。
しかし新キャラやスチルが素敵だったこともあって、プレイ後は良い感じだと思います。


・・・・うん、決めた。
「FANATICA」再プレイしよう←大丈夫か
[PR]
by bittersweetlove | 2008-09-02 11:20 | ゲームぐだぐだ感想